INCOSE Japan Symposium 2022 (JS 2022)hosted by JCOSE

複雑性を乗り越える

〜現状の日本のSE事例と最新の手法紹介〜

JS 2022では、システムズエンジニアリング(SE)を実践する上で様々な複雑性を乗り越える際に参考になる情報を皆様と共有したいと思います。基調講演(英語)では、SysMLの世界的な権威であるSanford Friedenthal氏による次世代のSysML (v2) のお話と、UAFグループの代表であるMatthew Hause氏による複雑なシステムオブシステムズの中でのUAFの活用のお話を予定しています。また、自動車、航空宇宙などの分野でシステムズエンジニアリングを実践されている方々から8件の講演(日本語、発表者後日公開)をしていただきます。これらの講演のあと、参加者の皆様との意見交換、ネットワーキングのためのJCOSE Caféを設定します。皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

日時 2022年9月6日(火)9:00 〜 17:40
会場 オンライン(Zoom)
定員 300名
使用言語 基調講演 英語、事例紹介 日本語
参加費

INCOSE会員 5,000円

一般 7,000円

申し込み方法 後日公開(7月中に受付開始予定)

基調講演 1 :

Moving Forward with SysML v2

Speaker: Sanford Friedenthal

基調講演 2 :

The Unified Architecture Framework: Creating Order out of Chaos

Speaker: Matthew Hause

Organized by


Co-Organized by